特許出願技術動向調査 14-7 - 経済産業省特許庁

特許出願技術動向調査 経済産業省特許庁

Add: rusin86 - Date: 2020-11-25 04:34:14 - Views: 735 - Clicks: 2719

燃料電池自動車と水素発電技術の現状と課題 PDF. 特許出願戦略に関する情報を提供すること、及び、迅速かつ的確な特許審査等を行うための基礎資 料の整備を図ることが本事業の目的である。 調査範囲: 調査対象は日本、米国、欧州、中国、韓国の上場経験のあるバイオベンチャーとした。上場経験. 特許出願についてみると,中国の国内特許出願に 占める大学の割合は年で13.

9億円 経済産業省 厚生労働省 amed ロボット介護機器開発・導入促進事業 ~年度 56. 4億円(年 度) nedo ロボット活用型市場化適用技術. 1% 個人を含む 共願. 現代社会と経営 (11月1日:イノベーションと需要の好循環) 長岡技術科学大学 情報経営系教授 阿部俊明 * * * * * * * * * 平 均 買 替 え 理 由 (%) 参考・ 使 用 上 位 住 居 普及率 年 数 故 障 品目へ の変更 その他 (17年3月末 (年) の移行 現在) 電気冷蔵庫 10. 図表B-5 技術区分別の日米欧への出願件数(電機分野:1998~年),000 パナソニック 三洋電機 ソニー 東芝 日立製作所 三菱電機 三星sdi(韓) 経済産業省特許庁 (件) sofc mcfc pafc dmfc pefc (資料) 特許庁「平成18年度特許出願技術動向調査」 (2) 蓄電池 ① 市場規模. 第31章 ロボット産業 主要な参入企業動向 31-1 ファナック. 4億円 ロボット介護機器・福祉用具開発標準化事業 ~年度 14. 3.特許出願動向 -出願人属性別の共同出願件数内訳- 出願人属性別共同出願件数の内訳(各国籍から日米欧中韓へ出願) 企-企 897件 66.

特許出願技術動向調査 14-7 - 経済産業省特許庁 日本:厚生労働省()「医療機器産業実態調査報告書」 特許取得件数(米国・欧州・日本 1990~1998) 0 5,000 10,000 15,000 20,000 医用 x 線 c t 画像診断用核医学装置画像診断用超音波装置磁気共鳴画像診断装置カテ ー テ ル 心臓 ペ ー ス メ ー カ 人工骨 、 人工関節. 「パワーアシストスーツ」の技術分野における、特許出願・登録特許(20年分)と論文(20年分)を調 査。 調査対象の文献は読込み解析を行い、技術俯瞰図に基づいて設定した技術区分に沿って分類を行った。 調査対象文献 国内特許文献:約3,500件. 発明協会社 特許出願技術動向調査(平成14年度 7)特許出願技術動向調査(平成14年度 7) 最安値 ¥6,090経済産業省」による調査データ一覧 | 調査のチカラ平成20年版 科学技術白書 第1部 第2章 第2節 我が国の科学技術を製造業/エレクトロニクス | 調査のチカラ平成20年版 科学技術白書 第1部 第2. 9% 大-大 5件 0. 市場動向-市場規模(輸送機器産業)- 【輸送機器における軽量化によるコストメリット】 出典:経済産業省「平成25年度産業技術調査事業-重要技術分野に関する技術動向等調査-」を参考に三菱ケミカルリサーチが作成 【輸送機器の材料市場規模】 11,066. 0% 大-研 2件 0. ⇒ 経済産業省「企業活動基本調査」<14年5月上旬> ・ 企業規模別の社内lanの構築率(平成13年)<新規追加> ⇒ 総務省「平成14年通信利用動向調査(企業編)」<14年5月上旬> ・ 企業規模別の社内イントラネットの構築率(平成13年)<新規追加>.

9% 企-研 106件 7. 4% 研- 研 0件 0. 革新型蓄電池の特許出願件数(年) 出典:「平成25年度特許出願動向調査-次世代二次電池-」(特許庁, )よりnedo作成 2章車載用蓄電池技術の置かれた状況. 8% 企-大 -研 12件 0. 8 - ルームエアコン 10. (1) 平成28年度 特許出願技術動向調査報告書(概要) LTE-Advanced及び5Gに向けた 移動体無線通信システム 平成29年3月 特 許 庁 問い合わせ先 特許庁総務部企画調査課 知財動向班 電話:03-3581-1101(内線:2155) (2) 第1章 調査概要 第 1 節 調査目的と背景 1. 令和2年4月 特許庁総務部企画調査課. 一 近年の特許等出願件数の急増及び国際出願の増加にかんがみ、先端技術分野における審査能力の一層の向上や先行技術調査に係る民間活力の積極的援用を含め、審査期間の更なる短縮を図り、特許権等の迅速かつ的確な権利付与に努めること。.

経済産業政策局 大臣官房調査統計G 地域経済産業G 商務情報政策局 産業技術環境局 大臣官房 通商政策局 28年度から「貿易管理対策事業委託費」として事業を実施 中小企業庁 中小企業庁 経済産業政策局 中小企業庁 経済産業政策局 製造産業局 予算額は借入. 金属回収技術、特許総合力トップ3はJX日鉱日石金属、住友金属鉱山、DOWAグループ 弊社はこのほど、日本に出願された金属回収技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。. 機能性化学品動向調査の中止について 機能性化学品動向調査は、昨今の機能性化学品の業況や政策の変化等により、経済産業行政の企画・立案の基礎資料として一定の役割を終えたと考えられることから、行政効率化等の観点から、平成28年調査をもって. 経済産業省 ロボット導入実証事業 ~年度 56.

(1) 平成28年度 特許出願技術動向調査報告書(概要) ファインバブル技術 平成29年3月 特 許 庁 問い合わせ先 特許庁総務部企画調査課 知財動向班 電話:03-3581-1101(内線:2155) (2) 目次 第1章 調査概要 要約 第1節 ファインバブル技術の背景 ファインバブル技術は日本が世界に先行して. 電子ゲームの技術分野における、特許出願・登録特許(6年分)、非特許文献(7年分)を 調査。 調査対象の文献は、読込解析により技術区分に分類。 1. 調査概要-調査対象文献、データベース- 調査期間:特許文献 ~年(優先権主張年). 3%(20,301件) であった(科学技術振興機構()ÆÌÆ×).ナショナル・ イノベーション・システムに占める研究者数の割合 に近い.日本の年の大学及び承認tloからの. 特許出願動向-出願先国別- 図5 出願先国別出願件数推移及び出願件数比率(日米欧中韓への出願、出願年(優先権主張年):年) 注)年以降はデータベース収録の遅れ、PCT出願の各国以降のずれ等で、全データを反映していない可能性がある。. 昨年の中小特許出願3万9000件−10年ぶり高水準 (/6/7 05:00) 年の中小企業の特許出願が5年連続で増加したことが、特許庁の調べで明らかになっ. 調査産業 計 製造業 調査産業製造業 調査産業製造業 調査産業製造業 調査産業製造業 調査産業製造業 規模計 5~29人 30~99人 100~499人500~999人1000人以上 (%) 高校卒業者 49.

技術開発と環境整備~」が取りまとめられ、技術開発、ドローンの利活用が進められている。 国土交通省と経済産業省は、年3月29日に無人航空機の目視外飛行に関する要件を取り まとめた。 3. スーパーtlo:経済産業省「特定分野重点技術移転事業」に選定されたtlo(7機関)。静岡tloの 特許出願の推移 (件) (年度)出願件数 出典:各tlohpなどから作成. 経済産業省「年ロボット産業の市場動向調査」 50% ⽇本企業の産業⽤ロボット出荷額(年) 世界シェアの50% 経済産業省試算 3要素 ロボットの3要素 センサー・頭脳(コンピュータ)・動作装置 →⽇本の強みを活かせる分野 ロボット産業の特徴. 平成24年度 特許出願技術動向調査 -磁性材料- 平成25年4月 特許庁 14-7 問い合わせ先 特許庁総務部企画調査課 技術動向班 電話:03-3581-1101(内線2155) 調査期間: 特許文献: 優先権主張年(PCT/パリ ルートおよび国内優先権) 年~ 年 非特許文献: 発行年 調査対象: 年~年 日本.

特許に対する意識改革等 大学から生じた研究成果が十分権利化されていない現状を踏まえ、大学における研究成果が経済的価値を有する発明を創生し、特許化されることにより、新たな市場の創造、ひいては新産業の創出に貢献し得ることについて、大学の研究者のみならず産業界においても. 3% 企-大 323件 23. 他社特許の弱点、迂回設計ポイントのつかみ方 ~クレーム解釈における技術的範囲の判断・解釈~ サイエンス&テクノロジー. JFEアドバンテックは,年7月30日(水)に高崎商工会議所(群馬県高崎市)で,振動法による診断技術の理解を深めることを目的に設備診断技術セミナーを開催する。設備診断に必要な「基礎的な測定技術」,「目的にあう測定. Latest News 商業用移動式水素ステーションの運用 PDF. 一般財団法人素形材センター「第36回素形材産業技術賞」の募集期間延長 /05/25; 経済産業省自動走行ビジネス検討会報告書 「自動走行の実現に向けた取組報告と方針」Version4. 調査研究事業として、特許出願技術動向調査等を実施するとともに、産業財産権制度等 における諸問題の研究を目的とする委員会を開催し、調査研究を行った。 また、知的財産の創造、保護及び活用の各段階を支援するワンストップサービス事業を. 29-2 特許庁 「ロボット技術特許出願に関する調査報告」 第30章 ロボット教育・ロボット産業の人材育成 30-1 ロボット教育を取りまく状況 30-2 ロボット教育の意義と必要性.

エネルギーマネジメントシステムの国際標準化に関する調査研究 (報告書名) 経済産業省委託 平成19年度産業技術研究開発委託費(標準化推進に係る包括的調査研究) エネルギーマネジメントシステムの国際標準化に関する調査研究成果報告書 (報告書番号). 各国・地域特許当局に対する出願に占める出願企業の所在国 53 の順位により、新興国における出願企業の所在国別の動向を確認すると、韓国特許庁への出願件数で見た韓国企業の順位は、1980年代に、3位から1位に上昇した。すなわち、技術的に進んでいる.

特許出願技術動向調査 14-7 - 経済産業省特許庁

email: soqequru@gmail.com - phone:(626) 345-4991 x 6194

日本随筆大成 嬉遊笑覧 別巻 8 - 億円が貯まる人の 田口智隆

-> こんなにも笑顔見つけたヨ!! - ロボタン
-> 冴えない彼女-ヒロイン-の育てかた Girls Side - 丸戸史明

特許出願技術動向調査 14-7 - 経済産業省特許庁 - 秘密の研究所 森川美帆


Sitemap 1

オースティン哲学論文集 - ジョン・ラングショ-・オ-スティン - 頭にいいことしていますか 品川嘉也